blog index

ワオ!科学実験ナビ スタッフブログ

ワオ!科学実験ナビのスタッフによるブログです。
科学に関係することからしないこと?!まじめな話からおもしろい話まで!
あなたの身の回りにある科学を、もっと楽しく、もっとおもしろくお届けします!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
日本初の水陸両用バス
 国産第一号の水陸両用バスと遭遇しました。
サイトで調べたところ、

全長:11.85m 全幅:2.5m
全高:3.65m 喫水:830mm
車両重量:8680kg 総トン数:4.8t
乗車定員:42名
最高速度:陸上100km/h 水上前15km/h
生産国:日本 車名:いすゞ

090411_0956~0001-0002-0001.jpg

通常はバスとして高速道路も走ることができるそうで、水に入ると後ろのスクリューを降ろすしかけになっています。スクリューが折りたたんでいる状態が下の写真です。
水陸両用タクシーもあるそうで、技術はいろいろなところで活用されてますね。

090411_0956~0002-0001.jpg
| 北欧の詩人 | 北欧の詩人的日常 | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハードロックナット
この間、テレビで見たんですが、クサビの原理を応用したナットで半永久的に緩まないという品物です。

テレビに出ていた会社は宇宙衛星で有名な東大阪市の会社です。このナットを持っている友人がいて、その原理とその会社のホームページを教えていただきました。

写真のようにナットは2つから出来ていて、片方のナットが凸型でもう一つが凹型になっていて、それが重なったところがクサビの原理が応用されているそうです。これは日本が世界に誇る技術で、世界中の鉄道、建築、橋梁、鉄塔、原発などの重要保安箇所に使用されているそうです。日本の技術のすごさを感じさせられます。

この会社はハードロック株式会社(
http://www.hardlock.co.jp/)です。

090322_1816~0001-0001.jpg
| 北欧の詩人 | 北欧の詩人的日常 | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
融雪剤ってどうなのかなあ?
090405_1452~0001-0001.jpg
山間の美術館に行ったとき、春なのに塩化カルシウムの袋を見かけました。

この塩化カルシウムは水に溶けやすく、凝固点を下げる性質があります。その他にも氷をつくるときや豆腐の凝固剤なんかにも利用されるrさいいです。

でも、これを道にまくということは金属は錆びるし、植物の成長なんかにも影響与えるでしょうね。
便利なのは分かるが、環境にはよくないのかもと思ってしまいます。
| 北欧の詩人 | 北欧の詩人的日常 | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハエ取り棒
 虫取りの話をしていたら思い出したんですが、昔、ハエ取りというものが家庭にありました。「ガラス製」で「1メートル以上のガラス管」「底は丸く水が入っている」「口は漏斗のように広がっているという非常にシンプルなものです。

使い方は簡単で、天井に止まったハエをこのハエ取り棒の口でフタをするだけです。一旦、ガラス管に入ったら抜け出せなくなるすぐれものです。どうもハエは水平にしか飛べないらしく、その性質をうまく利用したようです。

最近はこんなもの見かけませんが、アクリルか何かで復刻すれば売れるかもしれませんね。

| 北欧の詩人 | 北欧の詩人的日常 | 16:13 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コールドスプレーはなぜ冷たい?

090326_1216~0001-0001.jpgコールドスプレーがあったんで手に持ったが冷たくない、でもコールドとは冷たいということ。スプレーを腕にすると確かに冷たいし、凍傷に注意という警告も書いてあった。
これはどうも「断熱膨張」の原理のように思える。缶は重いので中は液体である。中は高圧でガスが出るときに膨張するが、そのときに膨張のためのエネルギーを使う。でも、エネルギーはどこからも与えられないので、自らのエネルギーを使う。エネルギーを使うということは、熱を奪われることになるので冷たくなる。こんな仕組みではないかな・・・・・・・・・

| 北欧の詩人 | 北欧の詩人的日常 | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スベース・ラム
090322_1435~0002-0001.jpg宇宙食ラーメンです。味はレギュラー、カレー、みそ、とんこつの4種類。
無重力空間で飛び散らないようにスープの粘土を高めたり、配合を工夫して70℃で湯戻しができるようにしたり、一口大の塊にしたりと様々な技術が結集されているとのこと。これも科学ですね。
| 北欧の詩人 | 北欧の詩人的日常 | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今年の春は早すぎる!!
090321_0821~0001-0001.jpg

自宅近くでは写真のように桜が開花直前で、次の土日には咲き始めそうです。

090321_0820~0001-0001.jpg

ユキヤナギは満開で公園や土手は春ムードです。
こんなに早く春がやってくるのも、地球がおかしくなっているせいなのかも・・・・
| 北欧の詩人 | 北欧の詩人的日常 | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
省エネ電球
 今日の読売新聞朝刊で省エネ電球のおもしろい記事が載ってました。

白熱電球は光と同時に熱を伴うのでエネルギーをたくさん使うことはよく知られてます。その白熱電球の代わりに大手メーカーは蛍光灯電球に生産を切り替えていくという話はよく聞きました。ところが今日の新聞は蛍光灯電球ではなく、LED電球の話でした。LEDは私の周りでは携帯電話や信号機、電車の行き先案内掲示板などでよく目にします。これが第4の灯りとして話題を集めるということです。
ところが価格も問題があり、40W白熱電球(168円/円)相当のものが10500円もするそうです。一方で寿命に大きな違いがあり、白熱電球の1000時間に対して4万時間もあるそうで、これで対比すると4万時間でかかる費用が白熱電球3万8400円に対してLED電球は1万4284円ということで2万4116円も得だという計算です。
でもね、4万時間使うには一般家庭で何年かかるのやら少々疑問ですね。まあ、取り替えなくていいということでは面倒くさがり家の自分には適しているかも知れません。
こんな状態で白熱電球が社会からなくなると、墓場でエジソンも悲しんでいるでしょう。それよりも、実験で白熱電球が使えなくなることの方が問題かも?今から買いだめでもしておくか!!!
| 北欧の詩人 | 北欧の詩人的日常 | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
携帯電話で万華鏡画像
Image001.jpg
万華鏡の画像は単焦点のデジタルカメラで、ぶれないようにタイマー設定して撮影していました。
しかし、最近はこの種のカメラが少なくなり困っていましたが、携帯電話のカメラの機能が向上したため、これで代用できるようになりました。
| 北欧の詩人 | 北欧の詩人的日常 | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ